断食系男子の僕でも | 風俗求人なら、デリヘルで決まり!

昔の彼女と別れて何年かして、僕は風俗に行くようになりました。
その間の数年、僕は完全なる断食系男子として修行のような毎日を送っていました。
女の子とデートすることも遊ぶこともなく、毎日を仕事に没頭することで乗り切ってきました。
そんな断食系男子の僕が急に風俗に行くようになったのは、ひょんなことからでした。

残業帰りに繁華街を歩いていて、ふと目についたソープランドの看板。
いつもなら何も思わずに通り過ぎるだけですが、なんとなくその日に限っては僕の目を引きつけ、僕の足を止めたのでした。
その店は、いわゆる高級店の部類に入る店で、一回の総額が50000円ほどでした。
ソープの場合、入浴料とサービス料が別に表記されていることも多いので、その合計金額のことを総額といいます。
って今はこんなふうに説明してますけど、当時はそんなことも知りませんでした。

でも、なんだかその日僕は妙にムラムラする気持ちを抑えきれなくなり、その店に突撃したんです。
コンビニに寄るような感覚で高級ソープランドに入店したように思います(笑)
実は僕はその時が初ソープでした。
ピンサロやヘルスには行ったことがありましたがこういう店は初めてでした。
受付で、その時間に空いている嬢の写真を見せてもらい、その嬢にお願いすることにしました。
受付の写真だとすごくスタイルが良くてキレイな女性でしたが、パネマジなんじゃないかと本人が登場するまでドキドキでしたね(笑)